ちょっと恥ずかしかった

うんちがでなくなると、体に不要なものが体外に出ないため、口臭が感じられるようになります。

どれだけ毎食後に歯ブラシをして、歯のすきまの掃除、洗浄液で口内をきれいに保っても、お口の臭いは腸から胃をたどって不要なものを排出しようとし、口の臭いになってしまうのです。

このような状態の時、濃い藍の青汁で便秘が改善されると、口の臭いも自然と亡くなると言われています。

乳酸菌シロタ株と聞けば、何といってもヤクルトです。

過去に白血病にかかり、病気と闘った経験をお持ちの渡辺謙さんのコマーシャルでもご存知かと思います。

見事に白血病を克服し、ハリウッドで大活躍のCMの中で渡辺謙さんが薦めているのをみると、大きな効果が期待できそうなような気がします。

子供のインフルエンザを防ぐための注射に受診しました。

注射の瞬間は怖くて凝視できないのに、子供は6歳ながら、注射の針を凝視して注射をしています。

予防接種終了後は怖かったーとつぶやしていました。

必要以上に怖いんじゃないかな?と睨みましたが、何も語れませんでした。

最近、乳酸菌がアトピーをよくすることが判明してきました。

アトピーを誘因するものはいろいろありますが、毎日の生活におけるストレスや乱れた食生活によって引き起こされるケースもあります。

アトピー患者の大部分は腸の状態が整っていないため、濃い藍の青汁や乳酸菌のパワーで腸内の調子をを整えることが克服するはじめの一歩となるのではないでしょうか。

赤ん坊がインフルエンザをうつされたら、きわめて大変なことになりかねません。

まだ体力が備わっていない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えられるかが不安ですし、インフルエンザで亡くなることも無きにしも非ずでしょう。

そう考えても、インフルエンザがはやっている時には、絶対に外出させない方が確実かもしれません。

一般的な乳製品以外にも、乳酸菌入りの食品があると知り、一体乳酸菌て何だろうと調べてみました。

いろいろ調べてみたら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類のことになるのだそうです。

みなさんはこの事を知ってましたか?30年余り生きて来て、生まれて初めて知った事実です。

内臓の調子をしっかり整えておくと美肌効果があると聞いて、せっせとヨーグルトを食べていたのですが、実際、ヨーグルト同様に味噌や納豆なども乳酸菌を含む食品だそうです。

摂取は乳製品からだけしかできないと思っていました。

これはちょっと恥ずかしかったです。

ちなみに、濃い藍の青汁も腸内環境を良くしてくれる効果がありましたよ。

 

 


シミが目立って嫌だな

皮膚にできたシミを気にしている人も多いと思います。

皮膚に現れたシミに効き目があるとされている食材の一つとしてハチミツがあります。

あまり知られていないかもしれませんが、ハチミツの成分には染みついてしまった色素を薄くする効き目が期待でき、肌トラブルであるシミやそばかすなどを目立たないようにする効き目があります。

シミが目立って嫌だなと思ったら、はちみつをお勧めいたします。

試しに買ってみてはいかがでしょう。

「ポリフェノール」ってきくと、それは美肌に欠かせないでしょうって思いますよね。

抗酸化作用が特徴のひとつに挙げられます。

体にとってはあまりよくない活性酸素の働きを抑制して、シミ防止にもなりますし、元からあるシミもなくしてくれるでしょう。

こんな文句なしの効果がある強力な抗酸化作用を持ったポリフェノールなのですが、残念ながら、体に蓄積されにくいために効果は3時間から4時間しかないのです。

美肌への第一歩としては、こまめな摂取をするということになります。

もともと肌が薄い人は、肌に厚みのある人よりもシワができやすいそうです。

もし、自分はシワができやすいかも、と疑っている人は自分の肌を少し確認してみるといいでしょう。

血管が青く透けて見えるような人は、ライスフォースを使ってみたりして気を付けたいです。

皮膚が薄いことと、シワのできやすさがどう関係するかというと皮膚に厚みがあると、そこに水分を充分溜めておけますが、そうでないと乾燥するのが早いので、肌の若々しいハリが消え、肌はしぼんでシワがよくわかるようになります。

そして、年齢を重ねるに従って肌は薄くなるため、肌の状態には常日頃から気にかけるようにしてください。

どのようにして肌にシワができるのか、その原因としては、乾燥の影響が大きいようです。

エアコンの風に当たりっぱなしになったり汗をかいて、肌の保湿に関わる成分が一緒に流れて失われてしまった時などは最大限の注意を払いましょう。

デリケートな肌を乾燥から守るためには、それこそ何度でもひんぱんに保湿をすることが大事だとされています。

スプレータイプの化粧水はその点手軽で便利です。

どこでも取り出してシュッとひと吹きできます。

それから、激しい運動の後などは、大量の汗をかいていますから、すぐに保湿が必要となります。

困ってしまうことに、肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢をグッとあげてしまうのです。

そもそもシミとは何なのかというと、肌の細胞内に生成されたメラニンという色素が皮膚の表面から剥がれ落ちず蓄積されたものをいいます。

ターンオーバーを正しく整えるとシミを薄くすることが期待できますが、市販のピーリング剤によってお肌の古い角質を取り除くと、さらにその効果が期待できます。

ただし、過剰なピーリングを行うと、お肌に負担をかけるというリスクもあります。

アラサーと言い続けて5年、ついに私の顔にもシミが出現して、恐ろしい増殖ぶりです。

原因はよくわかっていて、日光に含まれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。

靴をはけるまでに成長した子供と平日は二人で、休日は夫と共にお気に入りの公園に行ってました。

早く出かけたい子供は自分の準備が終わるともう待てません。

ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。

自分の日焼けのことなんて、ころっと忘れて出かけてしまうこともしばしばです。

紫外線は帽子だけでは防げませんから、地面からの反射を防ぐにも日焼け止めを塗ろうと思います。

加齢に伴ってシミができてしまったり、UVケアを怠ったために蓄積した紫外線によるダメージが原因となってできたりしますけど、疾患が原因の可能性もあります。

もし、突発的にシミの増え方が気になってきたというのであるなら、疾患が起こる前触れであったり、すでに病気になっている可能性もありますので、可能な限り早くクリニックで現状を伝えてください。

法令線やカラスの足跡、などと言いますが、顔のシワは本当に困りもの、消せるものなら消したいものです。

シワの原因は色々ありますが、要するに老化現象の一種であり、また紫外線も大きく影響しています。

シワができるのをなるべく防ぐため、日焼け止めをし、帽子や日傘も駆使して一年中紫外線対策はしておくべきでしょう。

そして、そこまでしていても日に焼けてしまった場合は、放置しておかず、すぐに肌を冷やしてほてりをとり、化粧水や美容液でしっかり保湿、シミの定着を予防して、乾燥を防ぐようにします。

ライスフォースを使ってみたら、こういったこまめな手当てでシミ、シワ対策をし、それが結局はアンチエイジングにもつながります。