ちょっと恥ずかしかった

うんちがでなくなると、体に不要なものが体外に出ないため、口臭が感じられるようになります。

どれだけ毎食後に歯ブラシをして、歯のすきまの掃除、洗浄液で口内をきれいに保っても、お口の臭いは腸から胃をたどって不要なものを排出しようとし、口の臭いになってしまうのです。

このような状態の時、濃い藍の青汁で便秘が改善されると、口の臭いも自然と亡くなると言われています。

乳酸菌シロタ株と聞けば、何といってもヤクルトです。

過去に白血病にかかり、病気と闘った経験をお持ちの渡辺謙さんのコマーシャルでもご存知かと思います。

見事に白血病を克服し、ハリウッドで大活躍のCMの中で渡辺謙さんが薦めているのをみると、大きな効果が期待できそうなような気がします。

子供のインフルエンザを防ぐための注射に受診しました。

注射の瞬間は怖くて凝視できないのに、子供は6歳ながら、注射の針を凝視して注射をしています。

予防接種終了後は怖かったーとつぶやしていました。

必要以上に怖いんじゃないかな?と睨みましたが、何も語れませんでした。

最近、乳酸菌がアトピーをよくすることが判明してきました。

アトピーを誘因するものはいろいろありますが、毎日の生活におけるストレスや乱れた食生活によって引き起こされるケースもあります。

アトピー患者の大部分は腸の状態が整っていないため、濃い藍の青汁や乳酸菌のパワーで腸内の調子をを整えることが克服するはじめの一歩となるのではないでしょうか。

赤ん坊がインフルエンザをうつされたら、きわめて大変なことになりかねません。

まだ体力が備わっていない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えられるかが不安ですし、インフルエンザで亡くなることも無きにしも非ずでしょう。

そう考えても、インフルエンザがはやっている時には、絶対に外出させない方が確実かもしれません。

一般的な乳製品以外にも、乳酸菌入りの食品があると知り、一体乳酸菌て何だろうと調べてみました。

いろいろ調べてみたら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類のことになるのだそうです。

みなさんはこの事を知ってましたか?30年余り生きて来て、生まれて初めて知った事実です。

内臓の調子をしっかり整えておくと美肌効果があると聞いて、せっせとヨーグルトを食べていたのですが、実際、ヨーグルト同様に味噌や納豆なども乳酸菌を含む食品だそうです。

摂取は乳製品からだけしかできないと思っていました。

これはちょっと恥ずかしかったです。

ちなみに、濃い藍の青汁も腸内環境を良くしてくれる効果がありましたよ。