ハッキリとはわかっていません

乳酸菌が身体に良いということは、わりと知られている事実ですよね。

ですが、逆に効き目がないという説も、実際にあるんです。

ただし、これについては、本当かどうかはハッキリとはわかっていません。

どうしてかというと、体質には個人差と言うものがあるほか、結局、乳酸菌はあくまでも菌であるため、即効性のある薬ではないからです。

そのため、まずは、自分の体に乳酸菌が合うかどうかを、試してから考えてみてください。

なお、乳酸菌を増やす役割として、オリゴ糖が注目の存在となっています。

なぜなら、オリゴ糖を添加された乳酸菌の働きが強くなり、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制し、腸内環境を良くしてくれるからです。

ですので、乳酸菌とオリゴ糖は、いずれも腸の機能改善や健康増進には、必要不可欠な成分ということが言えるかも知れませんね。

よくある乳製品以外でも、実は乳酸菌の入った食品が結構多くあることがわかり、乳酸菌についてネットで調べてみました。

そしたら、乳酸菌は乳酸の菌ではなくて、乳酸を化学反応的なことでつくり出す、菌類全般のことなのだそうです。

私は30年以上も生きて来て、はじめてこの事実を知りました。

そんな乳酸菌と言えば、私にとってはビオフェルミンが一番馴染みがあります。

なぜなら、小さい頃からあったサプリメントであり、便秘や下痢や腹痛の時でも、たえず私のおなかを労わり続けてくれたからです。

テレビのCMでも「人には人の乳酸菌」というフレーズが流れていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、やっぱりビオフェルミンなのです。

そんな乳酸菌は、アトピーの症状を改善してくれる効果もあるそうです。

腸内に進入したアレルギーの原因物質には、IgEという名の抗体ができる働きをもちます。

ただ、このIgE抗体が数多くつくられすぎてしまうと、過剰反応を起こしてしまい、アトピーなどのアレルギー反応を起こす結果になるのです。

そんなIgE抗体の大量の発生を抑える効果が、乳酸菌はあると言われているのです。

通常、アトピー性皮膚炎にかかっている人の角質層は、とくにセラミドという成分が正常なときよりも少なくて、お肌の水分保持力やお肌を守る機能が落ちています。

なので、それを補い健康状態にするには、保水保湿も大変大事です。

そのために、乳酸菌の摂取だけでなく、お肌の表面を守るためにも、保湿剤などを使用しなければならないのです。

ちなみに、乳酸菌を摂っていると腸内環境が整うので、おならもクサくないと言われています。

その逆に、腸内環境が悪いと、おならがクサイだけでなく、口臭もクサくなったりします。

そんな場合は、乳酸菌を摂ることも大切ですが、うる藍バリアなどの口臭サプリも即効性の意味でもおすすめです。

私も飲んでいますが、最初の頃は、うる藍バリアは効果なしだと思っていたのが、最近では常に持ち歩いています。

 

 


いつも利用している薬局での車の事故

持病持ちの私は、1ヶ月に一度は病院通いをしています。

通院し始めて、約2年程経ちます。

先日、出勤前の夫が新聞を読みながら「お前が行っている病院の薬局って○○薬局だっけ?」と聞いてくるので、「そうだよ?」と答えると「次の通院日っていつ?」と夫。

「今日。」と私。

すると「マジかよー。よかったー。」とのリアクション。

不思議に思った私が「どうして?」と聞くと、夫が見ていた新聞を私に見せてくれました。

そこに載っていた記事を見て驚きました。

私がいつも利用している薬局に車が突っ込んで、負傷者がでたという記事でした。

しかも、その事故が起きたのは、私が通院する前日で、事故が起こった時間帯も通院する時刻とほぼ同じでした。

新聞には、事故の様子を撮った写真も掲載されていましたが、ガラス張りでできた店舗の中に、車が完全に入ってしまっている状態です。

そして、柱はくの字に曲がり、負傷者が3人だけだったのが不思議なくらいのありさまでした。

私は病気になってしまった当時、毎日続く痛みに耐えかねて、ふと「死ぬこと」を意識した時期がありました。

しかし、今は病の治療と並行して精神科にも通いながら、いつか治る事を信じて通院を続けています。

この事故の記事を読んだ時、もし通院日が1日早かったら、もしかしたら死んでいたのかもしれないと思った時、正直なところ怖かったです。

そして、改めて自分が病を背負っていても、生きたい気持ちを持っている事に気づかされました。

生と死は隣り合わせ。

死にたくないのに、色々な不幸が重なって命を落とす人もいます。

口臭女性でも、せっかく頂いた命を大切にしなければ…と、感じた事故でした。

 

 


耳掃除が下手な私がお気に入りの耳の掃除機

耳掃除って、正直一人で行うと大変ですよね。

耳の中の様子も分かりませんし、うっかり耳かきが奥に入っていってしまって痛い思いをする事が、私の場合はとても頻繁にあります。

そんな耳掃除がとても下手な私ですが、耳専用の掃除機のお陰で耳掃除で失敗する事が無くなりました!

実はあまり知られてはいないのですが、耳専用の掃除機があるんです。

掃除機といっても、耳専用ですからとても小さいですよ。

小さなシリコン製の吸い込み口を耳の穴に入れてスイッチを入れるだけで、耳垢を吸い取ってくれる機械なんです。

耳かきが下手な私にとっては、もう快適過ぎてたまりませんでしたよ!

吸い取った耳垢はタンクに溜まるので、後で捨てるだけなのでとても簡単です。

それに、私が購入したのはスイッチを入れると、吸うノズルが小さく振動しながら吸い取ってくれるので、とても気持ちが良いんです。

耳かきでの掃除が苦手な方には、とてもオススメのアイテムだと思いましたね。

耳かきよりも耳の中を傷つける事が少ないので、皆さんも使ってみて下さい。

ちなみに私が購入したのは、イヤークリーナーデオクロスという名前の耳掃除機です。

耳掃除機といってもいくつか種類があって迷ったのですが、価格も一番高くインターネットでの評価も高かったこれを購入しました。

とても快適な商品だったので、とても良い買い物が出来たと思います。

高いといっても約2500円程でしたので、興味を持って頂けたら是非皆さんも使ってみて下さいね。

これでもう、痛い耳掃除からは解放されそうです。

あとは、気になる口臭をきれいに吸い取ってくれるアイテムなどもあるか、探してみようと思っています。

 

 


アーユルヴェーダで学んだ毒素を溜め込まないコツ

最近、アーユルヴェーダという、インドの民間伝承医学の本を読んでいます。

心が持つ、憎しみ、、恨み、妬みなどの否定感情、人をおとしめようとする悪い感情は、赤ちゃんのような純粋な心にはなかった感情で、言わば毒素と言えます。

そんな毒素が、年齢を重ねていくと溜まっていきます。

毒素は、人間が感じる喜びを奪っていきす。

それで毒だしをすることが大切になってきます。

消化されなかった感情や食べ物が毒素となりますので、ちゃんと消化していくことが大切なんです。

胃腸の働きが弱っているときに無理に食べると、食べたものがきちんと消化されずに、身体の中に毒素として溜まっていきます。

体質とは、その人が生まれながらに持っている心や体の傾向のことで、それが乱れると不健康になります。

自分に合った仕事をして、甘いものが好きな人は甘いものを食べ、辛いものが好きな人は辛いものが食べられるのが、最も楽な生き方なのです。

それができないと段々と不満として蓄積され、健康を害することになってしまいます。

だから、誰かに言われたからとか、誰かが望むからと言った、相手の期待に応えることばかりを優先してはいけません。

まずは、自分が本当にしたいことをしていくのが、毒素をためこまないコツなのです。

ただ、経済的な理由で、本当はしたくない仕事をしている人は、休みの日に趣味などに没頭して、ストレスを解消するなんてことが重要でしょう。

そして、本当はしたくない仕事ならば、本当にしたい仕事を見つけ、それをやっていければ、もっと毒素の貯まりにくい体臭臭い人にならないはずです。

 

 


料理の基本「さ・し・す・せ・そ」調味料について

みなさんは自宅で料理を行いますか?わたしは一人暮らし歴がながいので自炊派ですが、忙しい時はカップラーメンやコンビニ弁当だったりします。

ただ、料理をしているとそちらに集中することができるので、嫌なことや無駄な考え事を忘れられるような気持になります。

なので、なんとなく凝った料理もつくることがあるのでいろいろなスパイスや調味料がわたしの家のキッチンにはラインナップされています。

しかし、毎日使っている調味料ですが、そもそもそれらが何から作られているかご存知ですか?毎日使うものだからこそ知っておきたいものですよね。

まず、料理の基本の「さ・し・す・せ・そ」を正しく覚えていますか?これって意外と間違える方がいますよね。

この料理のさしすせそは日本食の基本調味料といわれており、「さ」は砂糖、「し」は塩、「す」はお酢、「せ」は醤油(せうゆ)、「そ」はお味噌です。

この、「せ」と「そ」は間違えやすいもののひとつですが、言われてみれば納得できるとおもいます。

そして、これらの原料ですが砂糖には上白糖、グラニュー糖、三温糖などたくさん種類がありますが、日本では南国で栽培されるサトウキビや、北国の甘い大根が原料のテンサイが多いです。

塩は、もちろん海水から作られているものが多いです。このような塩は沖合の綺麗な海水を使用されて作られています。

お酢は、お米が原料になっています。お米に麹菌をいれて発酵させることでお酒を造り、そこにさらに酢酸菌を入れて作るのがお酢です。

お醤油は大豆と小麦と塩が原料になっています。これらの食材を原料に麹をいれて発酵させることで醤油が出来上がります。

お味噌は大豆、米、食塩が原料になっています。これも同じく発酵させることによって作ることができます。

これらの調味料、欠かすことができませんが大豆とお米の恩恵を強く受けているものなのだな、と感じますよね。